住宅ローン借り換え相談

住宅ローン借り換え相談はこちらで

 

住宅ローン借り換え相談を希望する方が増えています。経済状況の悪化により毎月の返済の負担が大きくなる一方、ゼロ金利政策は維持されこれまでで一番といってよいほど借り入れの金利は低くなっている現在、毎月のローン返済負担を減らす有効な方法として注目されているためです。しかし、新しいものに乗り換えると言っても金利、手数料、保証料、団体信用生命保険料、繰り上げ返済、諸費用など比較をしたり自分で選ばなければいけないポイントが数多くあります。そのため専門家への相談は必須。しっかりとした計画やシミュレーションを行わないと結果的に損をしてしまったり、思わぬ障害が立ちふさがることもあります。そんな失敗をしないためのコツをご紹介します。


最初に結論から!当サイトが今最もおすすめする住宅ローンは?
矢印
申し込み

住宅ローン借り換え相談でおすすめランキング!【2016年12月最新版】

住宅ローン借り換え相談に寄せられた口コミ体験談!

 

新生銀行で借り換え

35年ローンで新築マンションを購入し、今年で6年目。当時は年収400万以下だったために利率のよいローンを組むことができなかったため10年固定で2.3%のローンとなりました。ただしここ数年年収400万を越えるようになり、また最近の住宅ローン金利をみていると固定金利にこだわる必要性を感じなくなったため住宅ローンの乗換えを検討し始めました。

 

その際に調べたところ、
・繰上げ返済が無料であること。
・乗り換え手数料が安いこと。
・保証料が安いまたは無い事。
・団体信用生命保険料が無い事。

 

フラット35では金利こそ固定ですが金利は高く、死亡したらローンが無くなる団体信用生命保険料がかかります。

 

いまならばやはり変動金利で充分。金利が上昇傾向になったら固定金利に切り替えればいい。そうおもって、調べると新生銀行が金利も安いうえ上記の項目にぴったりだったため選びました。

 

ただいま審査中ではありますが、担当の方は親切で新生銀行にしてほんとうに良かったと感じています。

30代 男性

 

 

 

 

新生銀行で借り換え

色々な銀行で比較しましたが、借り換えをするなら新生銀行が一番お得感がありました。価格の表示もわかり易かったですし、手数料も他の銀行よりもダントツで安かったです。繰り上げ返済の手数料が0円というのも決め手になりました。我が家は来年共働きになる予定なので、働けるうちになるべく多くのローンを繰り上げ返済してしまいたかったですからね。あのまま借り換えしないでいるよりも200万円以上は得になったと思います

30代 男性

 

 

 

 

朝日信用金庫で借り換え

会社に出入りしている営業に相談し、審査を通したらOKになりました。以前借入していたところは、スルガ銀行で、利率がかなり高かったので、低いところに借り換えを希望していました。

 

近所の都市銀行に相談したが、支払い実績が、2年くらいしかなかったので、断られ(5年ほど欲しいと言われました)たので、がっかりしていたところ、朝日信用金庫さんはOKになってので大変売れしかったです。

 

スルガ銀行は変動金利でしたが、確か金利が3%台です。朝日信用金庫になって、1.8%になりました。しかし、友人たちの意見では、もっと低いところがあるとのこと・・・段階を踏んで低い金利のところへ借り換えも今後も希望します。朝日信用金庫の担当者には大変親身になって頂き感謝しています。

40代 男性

住宅ローン借り換え相談・どんなメリットがある?

相談イメージ

住宅ローンの借り換えを行う際には、手続きに伴い様々な費用が発生します。

 

金融機関によっては手数料も数十万円程度かかるのでどのような費用がどのくらいかかるのかをきちんと理解し、必要となる金額を準備しなければなりません。

 

またこの時にかかる諸費用が乗り換えによって浮く費用よりも多くなってしまうとメリットは一切ないということになってしまうのです。

 

ですから諸費用についてはしっかりと知識を身につけておきたいということで相談をする方も多くなっています。専門的な知識が必要な部分もありますし、それぞれの金融機関によって細部は異なるため、詳細はしっかりと把握しておきましょう。

 

まず、事務取り扱い手数料がかかります。事務手数料は、借入金額に関係なく一律で決まっているところもあれば、借入金額の数パーセントというように借入金額によって異なるところもあるなど、金融機関によって様々です。

 

またキャンペーンなどで手数料を無料にしているところもあります。一律で決まっている場合には3万円から5万円程度かかるのが一般的なようです。

 

更に、新規で借り入れるときにも必要だった、借入額に対する印紙税、つまり契約書貼付印紙税もかかります。契約書印紙税は、借入額が1000万円以上5000万円までならば一律2万円、5000万円以上1億円までなら6万円というように、借入額によって異なるので覚えておきましょう。

 

そして、金融機関によっては保証料も必要となります。保証料は、借入れ金額をきちんと返済することを保証するお金のことで、連帯保証人の代わりに少し多額の保証金を収めるというところが増えています。

 

保証金も、借入金額や返済期間などによって金融機関ごとに異なりますが、借入金額が大きいと保証金も多額になります。

 

大体1000万円の借り入れで30万程度かかることもあり、手数料の中では大きな割合を占めます。ただ前述の通り銀行によっては保証料を設定していないところもあるので、探してみるとよいでしょう。

 

更に、繰り上げ返済手数料もあります。通常の返済に加え臨時収入があったり、金銭的に余裕があるときに通常の返済額にプラスして支払うことを言いますが、金融機関によってはかからない場合もあります。

 

そして、抵当権抹消登記費用がかかります。当初借り入れた際に設定した抵当権は、完済すると消滅し、新たに登記し直す必要が出てきます。

 

抵当権に関する費用は手続きを司法書士に頼みますが、報酬と印紙代になります。

 

司法書士への報酬は大体1万5000円前後、印紙代は地域によって異なり、抹消は不動産1個で2000円程度、登記は借入額の0.1パーセントとなります。

 

抵当権抹消登記費用に関しては、必要な手続きを司法書士に依頼しないで自分で行えば支払う必要がなくなるのでお得です。
こういった専門的な費用はあなたが借りようとしている金融機関に直接相談してあらかじめ知っておくようにしましょう。


住宅ローン借り換え相談・費用はいくらかかる?

費用イメージ

住宅ローンの借り換えを行う際には、手続きに伴い様々な費用が発生します。

 

金融機関によっては手数料も数十万円程度かかるのでどのような費用がどのくらいかかるのかをきちんと理解し、必要となる金額を準備しなければなりません。

 

またこの時にかかる諸費用が乗り換えによって浮く費用よりも多くなってしまうとメリットは一切ないということになってしまうのです。

 

ですから諸費用についてはしっかりと知識を身につけておきたいということで相談をする方も多くなっています。専門的な知識が必要な部分もありますし、それぞれの金融機関によって細部は異なるため、詳細はしっかりと把握しておきましょう。

 

まず、事務取り扱い手数料がかかります。事務手数料は、借入金額に関係なく一律で決まっているところもあれば、借入金額の数パーセントというように借入金額によって異なるところもあるなど、金融機関によって様々です。

 

またキャンペーンなどで手数料を無料にしているところもあります。一律で決まっている場合には3万円から5万円程度かかるのが一般的なようです。

 

更に、新規で借り入れるときにも必要だった、借入額に対する印紙税、つまり契約書貼付印紙税もかかります。契約書印紙税は、借入額が1000万円以上5000万円までならば一律2万円、5000万円以上1億円までなら6万円というように、借入額によって異なるので覚えておきましょう。

 

そして、金融機関によっては保証料も必要となります。保証料は、借入れ金額をきちんと返済することを保証するお金のことで、連帯保証人の代わりに少し多額の保証金を収めるというところが増えています。

 

保証金も、借入金額や返済期間などによって金融機関ごとに異なりますが、借入金額が大きいと保証金も多額になります。

 

大体1000万円の借り入れで30万程度かかることもあり、手数料の中では大きな割合を占めます。ただ前述の通り銀行によっては保証料を設定していないところもあるので、探してみるとよいでしょう。

 

更に、繰り上げ返済手数料もあります。通常の返済に加え臨時収入があったり、金銭的に余裕があるときに通常の返済額にプラスして支払うことを言いますが、金融機関によってはかからない場合もあります。

 

そして、抵当権抹消登記費用がかかります。当初借り入れた際に設定した抵当権は、完済すると消滅し、新たに登記し直す必要が出てきます。

 

抵当権に関する費用は手続きを司法書士に頼みますが、報酬と印紙代になります。

 

司法書士への報酬は大体1万5000円前後、印紙代は地域によって異なり、抹消は不動産1個で2000円程度、登記は借入額の0.1パーセントとなります。

 

抵当権抹消登記費用に関しては、必要な手続きを司法書士に依頼しないで自分で行えば支払う必要がなくなるのでお得です。
こういった専門的な費用はあなたが借りようとしている金融機関に直接相談してあらかじめ知っておくようにしましょう。


住宅ローン借り換え相談のタイミングはいつがベスト?

タイミングイメージ

住宅ローンの借り換えには費用がかかるし、色々と手続きが必要なので面倒だなと思われがちですよね。

 

それに、借り換えを考えてはいるけれど、どこから借りればいいのか決められないとか、景気の悪い今の時期に行なってよいか不安だなどという理由で、なかなか行動に移せない、だれかに相談したいという方も多いのではないでしょうか?

 

住宅ローンの借り換えは、よりお得になるというタイミングがあります。

 

絶好のタイミングを逃してしまってはせっかくいろいろ研究してもすべて台無しです。そこで、ここでは住宅ローン借り換えタイミングを紹介するので参考にしてください。

 

まず、とても単純なことですがすぐに行動することが大切です。どこにしようかとかいろいろと迷っているうちにタイミングが遅れれば、それだけ余分に支払いをしなければなりません。

 

また、住宅ローン借り換えは審査が行われますがその際の年収も審査の対象になります。

 

例えば会社員の方だと景気が悪く、会社の業績が落ちてくると給料が下がって、年収が前年よりも少なくなる場合があります。年収が少しでも高いほうが審査の際には有利だと言えます。

 

大体、秋ぐらいまでに行えば前年の年収で審査が行われますが、12月になるとその年の年収で審査されます。従って、今年の年収が前年よりも下がりそう、もしくはすでに下がっているという場合ならできるだけ秋ぐらいまでに実行されることをおすすめします。

 

更に、健康状態も審査の対象となります。やはり、健康で長く働けるという人なら返済能力が高いとみなされるので審査に通りやすいと言えます。できるだけ若いうちに行なっておくべきです。

 

また、主な目安としては、金利の固定期間が終わる前、もしくは変動プランで金利優遇が終わる前というタイミングがあります。

 

住宅ローンには、その時々の金利で利息が変わる変動と、一定期間金利が変わらない固定の2つのタイプがあります。固定だと世の中の景気に影響を受けず、金利が変わらないので返済計画が立てやすいと言えます。

 

固定期間は主に3年、5年、10年というように決まっています。固定期間終了時に金利が高くなっていると一気に支払額が上がってしまうので、固定金利が終了する前に借り換えを行い、支払いが継続できるように準備する必要があります。

 

また、固定期間が終わるまで待っていると現在は金利が低くても、終了時には突然上昇してしまうということも考えられるので、固定期間終了前にできるだけ早めに検討しておくことも大切です。

 

また変動タイプで借り入れを行っている方は、金利が大きく上がるタイミングよりも前に行動することも大切になります。しっかりと専門家と相談をしてこのタイミングを測っておきましょう。


住宅ローン借り換え相談【Q&A】関連ページ

おすすめできる人は?住宅ローン借り換え相談!【得するのはどんな人?】
ここでは住宅ローン借り換えがおすすめな人について考えていきます。どんな条件を満たしている人が住宅ローン借り換えで得することになるのでしょうか?ここでは積極的に借り換えをするほうがお得になる人について考えています。
審査基準を知るには?住宅ローン借り換え相談!【収入や勤続年数は?】
住宅ローン借り換え相談でもよく寄せられるのが審査についての問題です。住宅ローン借り換えの審査基準とはどのようなものになっているのでしょうか?年収や勤続年数などの基準について考えていきます。
人気の銀行はどこ?住宅ローン借り換え相談!【口コミで評判なのは?】
現在住宅ローン借り換え相談で人気の銀行はどこでしょう?またその人気の理由はどういった店なのでしょうか?あなたの借り換えに役に立つ、人気の銀行の情報をご案内していきます。
銀行選びで失敗しない方法は?住宅ローン借り換え相談!【おすすめは?】
住宅ローンの返済負担を減らすことができる借り換えですが、銀行選びで失敗してしまうと逆に損をしてしまうこともあります。ここでは借り換え相談でも多く寄せられる損しない銀行の選び方をご案内します。
どういう手順で進める?住宅ローン借り換え相談!【銀行の選び方は?】
住宅ローン借り換えと一口に言ってもどのように進めていけばいいのでしょうか?まずは銀行をしっかりと選ぶ必要がありますし、必要書類や手順を確認しておきたいのは当然です。ここでは借り換えの進め方を考えます。
口コミは役に立つ?住宅ローン借り換え相談!【銀行の評判は?】
ここでは住宅ローン借り換えを行った方の口コミをご紹介します。住宅ローン借り換えの本音の感想を読むことも銀行選びでは大事なことです。
あなたの疑問は?住宅ローン借り換え相談Q&A【シミュレーション活用】
住宅ローン借り換えの相談でわからない点を解決するにはどうすればいいのでしょうか?具体的な数字や金額について知りたい場合には住宅ローン借り換えシミュレーションをしてみることをお勧めします。
住宅ローン借り換え相談の記事一覧!【相談のポイントは?】
住宅ローン借り換えの相談サイトです。金利や借り入れ条件、銀行選びなどのあなたの疑問を解決します。ここでは住宅ローン借り換え相談メニューについて説明しています。
返済が楽になる?住宅ローン借り換え相談基礎知識!【お得なの?】
まずは住宅ローン借り換え相談に必要な基礎的な知識をご案内します。住宅ローン借り換えを行う際には金利や諸費用などをしっかりと比較することが大切です。失敗しないためにまずは基本を身につけましょう。

 


HOME 借り換えの口コミは? 借り換えおすすめな人は? 銀行の選び方は? 当サイトおすすめ!